img1
img2

*課題をクリアしていき、結果や改善点をフィードバックしています

新商品の開発担当が設計した試作機が理想どおりの機能に達しているか実験して、結果や改善点をフィードバックする仕事をしています。現在、私のチームは主に調理家電を担当しています。
最近は食品に熱風をあてることでサクッとした揚げ物料理ができ、オーブンやトースターとしても使える『ノンフライ熱風オーブン』にかかわりました。庫内を大きくしたので熱風がうまく回らなかったり、焼き上がりにムラが出たりといった課題をひとつずつクリアしていきました。
今は技術研究の他、部署全体を統括するマネジメント業務や、生物の専門知識を生かした精米工場の品質管理、ご飯がおいしく炊けるIHクッキングヒーターと炊飯鍋の開発なども担当しています。

*結婚、出産を経て、モノづくりに挑戦できる現在の会社へ

中学のころから植物の世界が好きだったので農学部に進み、植物の病気のメカニズムや病原性に関わる遺伝子を研究していました。
その後、関東にある製薬メーカーで農薬の研究職に就きましたが、結婚を機に退社。夫の故郷である宮城県に来ました。出産後、子どもが2歳になったのを機に弊社に入社し、はじめは微生物の力で水をきれいにする熱帯魚用水槽の開発に関わる細菌の研究をしていました。
アイリスオーヤマは商品カテゴリーや素材を限定せずにモノづくりに挑戦できる会社なので、少しずつ仕事の幅が広がっていきました。

*調理家電は自分の実体験を商品に活かせて楽しい!

3年のブランクがあったうえ、狭い分野を深く研究する前職とは真逆の環境だったので最初は大変でした。
今でも結果をすぐに求められることが多いので走り回っていることが多いですが、調理家電は主婦である自分の実体験をそのまま商品に活かせるので楽しいですし、会社としても伸ばしていきたい分野です。
(文=十倉和美 写真=神谷美寛)