Photo by Sabri Tuzcu on Unsplash

皆さんは紅茶をどのような時に飲んでいますか? リラックスしたいとき? 甘い物を食べるとき? それだけではなく「インフルエンザウイルスを打倒したいとき」はいかがでしょう。そこまで効くのか! と驚いてしまう研究成果をご紹介します。

日本人が紅茶を愉しむ習慣は、イギリスにおける「紅茶文化」である“アフタヌーン・ティー(Afternoon Tea)”が、明治時代に輸入されことで始まりました。現在でも、イギリス式のアフタヌーンティーは、少し贅沢な時間や空間を提供する場として、日本の高級ホテルなどでも楽しまれています。

そのためか、ポットで淹れる紅茶は、少し特別な飲み方というイメージが定着しているかもしれません。

一方で、19世紀初頭にアメリカで開発された「紅茶ティーバッグ」は、20世紀にかけて世界的に普及していきました。日本でも、1960年代後半から国産の紅茶ティーバックが積極的に紹介され、家庭の食卓に定着するようになりました。

その後、日本では1980年代後半からペットボトル入りの紅茶飲料が登場し、現在では、日本で飲まれている紅茶のおおよそ半分が、ペットボトルなどに入った飲料として、とても身近な飲み物として飲まれています。

とはいえ、コーヒーやココア、緑茶など、いろいろな飲み物があふれる中で、紅茶を選ぶ基準は人それぞれかもしれません。

ですが、「健康」を基準にするなら、自分の好みに合わせて簡単に作れるティーバックで淹れた紅茶というのを見直してみるのも良いかもしれません。どういうことか、これから説明していきましょう。

健康にいい「ポリフェノール」もいろいろある

紅茶の味の基本は「コク」と「渋み」です。

そのうち渋みを決める重要な要素が「ポリフェノール」です。これは分子内にフェノール性水酸基を複数(ポリ)もつ植物成分の総称で、5000種類以上あるとされています。赤ワインの赤色色素や渋柿の渋みなど、いろいろな飲み物や食べ物の色や味に関わっていることが知られています。

紅茶、緑茶そしてウーロン茶も、みんなチャノキ(Camellia sinensis)の葉や茎を原料として製造されている仲間です。チャノキにたくさん含まれているポリフェノールの一種に「カテキン」があります。緑茶はこのカテキンがそのまま残るように製造されています。

一方、紅茶は、製造工程でしおらせた茶葉を丁寧に揉むことにより、茶葉が持っている酵素の力を利用し、カテキンなどのポリフェノールを酸化させて、紅茶独特の香りや味、色の特徴を作り出しています。

乳酸菌や麹カビなどの微生物は関与していないのですが、それでもこの酸化工程を「発酵」と呼びます。生の茶葉に含まれている酸化酵素の働きによって、茶葉に含まれているカテキンが大きく変化して「紅茶ポリフェノール」となり、紅茶特有の味や特徴的なオレンジ色が形成されるのです。

紅茶ポリフェノール精製した紅茶ポリフェノール。紅茶に特徴的なオレンジ色をしている

紅茶と緑茶のポリフェノール成分を比較すると、紅茶は総ポリフェノール量におけるカテキンの割合が小さく、代わりに緑茶にはない「テアフラビン」という成分を有しています。

表1 各産地の紅茶に含まれるポリフェノール成分量(mg/100mg、乾燥茶葉)

この、テアフラビンをはじめとする種々のポリフェノールの集合体のことを「紅茶ポリフェノール」と呼ぶのです。

また、紅茶はインドやスリランカ、ケニアなどで生産されていますが、各地で生産される紅茶のポリフェノール成分は表1に示すように、産地ごとにその量や比率が大きく異なっていることがわかります。

紅茶ポリフェノールのなかには、その構造が未解明な部分もありますが、すでに多くの健康機能が明らかになっています。

たとえば、食事からの脂質の吸収を抑制したり、食後の血糖値上昇を抑えたりといった効果や、抗菌性などについてご存じの方も多いと思います。

くわえて、私どもの研究成果などを通じて、これからの季節にきわめて重要な「インフルエンザに強い」という機能が明らかになってきているのです。以下、順番に説明していきましょう。

インフルエンザウイルスを即座に無力化

インフルエンザウイルスの表面は、「スパイク」と呼ばれる突起状のたんぱく質で覆われています。ヒトに感染する際、このスパイクが呼吸器粘膜の細胞表面に吸着、侵入するうえで重要な役割を果たしているのです。

紅茶ポリフェノールには、この「スパイク」に付着し、ウイルスが細胞に吸着する能力を奪う力があり、ウイルスの感染を阻害し、無力化することが分かっています。

実際に細胞に対するインフルエンザウイルスの吸着を紅茶で防いでいる様子は、以下の写真でも伝わると思います。

紅茶から抽出、精製したポリフェノールをウイルスに60分間接触させた後、MDCK細胞に接触させた場合(左図)、および無処理のウイルスをMDCK細胞に接触させた場合(右図)の細胞表面。出典:中山幹男ら(1993)Antiviral Research 21, 289-299.

細胞にインフルエンザウイルスを作用させると、細胞表面に無数のウイルスが吸着しますが、インフルエンザウイルスをあらかじめ紅茶抽出液で処理すると、細胞表面へのウイルスの吸着は認められなくなりました。

これは、紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスの細胞への吸着能力を奪ってしまったことを示すものです。

ウイルスに直接作用、その時間はわずか「15秒」

紅茶ポリフェノールの強みは、ウイルスに直接作用してウイルスの働きそのものを止めてしまうところにあります。

たとえば、乳酸菌にはインフルエンザに対抗する能力があるというイメージが定着しています。確かに乳酸菌を体内に取り込むことにより体内環境が改善し、自己免疫力を徐々に強化することで、インフルエンザにかかりにくくなる体質を作ることは、インフルエンザ予防には一定の効果があります。

しかし、乳酸菌はウイルスに直接作用して即時に感染力を奪うという機能はもっておらず、紅茶のほうがウイルスの感染力を奪う効果が強いと言えます。グラフで示したとおり、ほかの飲料と比べても、紅茶の感染阻止率は際だっているといえます。

(2018年8月、バイオメディカル研究所にて試験実施)

では、インフルエンザウイルスを無力化させるのに必要な時間はどれくらいでしょう。比較試験の結果、紅茶は、他の飲み物よりも短い、わずか15秒ほどでインフルエンザウイルスを無力化できることが判明しています。

感染阻止率(%)は、{1-(試料の感染価/コントロール(ペプトン20mg/ml PBS緩衝液)の感染価)}×100で算出。2010年3月、バイオメディカルサイエンス研究会にて試験実施

試験管だけではなくマウスでも

紅茶のインフルエンザウイルスを無力化する作用があることが試験管レベルで確認されましたが、生体レベルではどうなのでしょうか。

インフルエンザウイルスに感染しやすいマウスに対して致死量のウイルスを経鼻接種したところ、ウイルスのみを接種すると10日後にすべてのマウスが死亡してしまいました。

一方、ウイルスに紅茶抽出液を5分間反応させた後、ウイルスをマウスに接種すると、14日間経過後も死亡することなく、すべてのマウスが生存しました。

出典:中山幹男ら(1994)感染症学雑誌 68(7) 824-829.

このことから、紅茶によっていったん無力化されたインフルエンザウイルスは、生体内においても感染力が復活することはなく、発病を抑制できることが分かりました。

味が好きでないなら「うがい」も!

紅茶の味が嫌い、カフェインをあまりとりたくない、という人でも大丈夫です。紅茶は一時的に口に含むだけでもインフルエンザの感染を予防できるのです。

実際に、紅茶抽出液でうがいをする「紅茶うがい」の効果を、ヒト介入試験により検証しました。その結果、朝と夕方の2回、「紅茶うがい」を行うことで、インフルエンザA型とインフルエンザB型ともに、ウイルスの感染率を低減させる効果があることが確認されました。

出典:岩田雅史ら(1997)感染症学会誌71(6)487-494.

朝晩のうがいという限られた時間での紅茶ポリフェノールとの接触でも、ウイルスの感染を低減できていたのです。

飲用頻度が高いほど、発病率が低い!

日常的に紅茶を飲んでいれば、本当にインフルエンザを食い止められるのでしょうか。人間を対象にしたデータがほしいところです。

そこで私たちは2018年6月にアンケート調査をまとめました。調査の対象者は、私が勤務する三井農林株式会社の社員442名。調査期間は2017年11月から2018年3月末です。

まず、ワクチン接種によるインフルエンザ発病率への影響を検証したところ、ワクチンを接種しなかった人に比べ、ワクチンを接種した人の発病率が57.9%低いことが分かりました。

これは、6歳未満の小児を対象とした疫学研究の報告とおおむね一致します。皆さんもご存じの通り、「ワクチン接種によりインフルエンザの発病や重症化は抑制できる」という結果が出たわけです。

では、ワクチンを接種しなかった人は、どうすればインフルエンザを予防できたのでしょう。この369名を対象に、冬季の紅茶の飲用頻度とインフルエンザの発病率の関係を評価したところ、紅茶の飲用頻度が高い人ほど、インフルエンザの発病率が低くなる傾向が見られました。

簡単かつ効果的な対策だった

先に実施した調査において、「日常的に実施していたインフルエンザ対策と発病率との関係」も評価してみました。

すると、「紅茶の飲用」は他の対策に比べて高い、「ワクチン接種」に次ぐ有効率が見られたのです。

「有効率」は、非実施者の発病率を基準として、実施者の発病率が相対的にどれくらい減少できたかを計る指標値で、「(非実施者の発病率―実施者の発病率)/ 非実施者の発病率×100」の計算式で算出

このように、紅茶ポリフェノールを日常的に摂取することで、インフルエンザの感染に備えることが可能になるという可能性を見つけてきました。

高い効果を得るためには、紅茶ティーバックを使って、簡単に入れた紅茶を一日中少しづつ味わうのがおすすめです。そうすれば紅茶ポリフェノールが常に口内に存在することになり、インフルエンザに対する備えとなることでしょう。