大和証券で働くリケジョに聞いてみました!


img12 大和証券で働くリケジョに聞いてみました!

img23 大和証券で働くリケジョに聞いてみました!

 

*お客様からの預かり資産は営業担当者への信頼のバロメーター

金融商品のご提案など富裕層のお客様に対する資産運用のお手伝いや、

未上場企業を中心とした法人の資産運用コンサルタントを担当しています。

数千万から数億円とお預かりする資産は高額ですが、

そこにいたるまでには時間がかかります。

多くのお客様を訪問しますが、用がないと追い返されることの繰り返し。

めげずに続けていると少しずつ話を聞いてくれるようになります。
お客様との関係を築くうえで大切なことは

自分を信頼していただくこと。

70歳を超える人生の先輩が多いので、

まずは私の人間性を知ってもらいお客様と仲よくなることを心がけています。

そのうち、100万円、200万円と少しずつ資産をお任せいただけるようになり、

気づいたらこんなに預かり資産が増えていたということも。

お客様からの預かり資産は営業担当者に対する信頼のバロメーターだと思っています。

*はじめて触れる証券の世界に惹かれて

大学時代は情報系のゼミを選択。

プログラミングをつくり、学会でも発表させてもらいました。

就活を始めて、1社目でシステムエンジニアの内定をいただいたのは3年の終わりのこと。

時間を持て余し、当時はやっていた株取引を学ぼうと大和証券の会社説明会へ参加することに。
はじめて触れる証券の世界、

何億ものお金を扱うという先輩社員の目の輝き、

女性でも活躍できそうな会社の雰囲気に興味を持ちました。

その後、進路に迷いましたが
「君は人とのコミュニケーション能力が高い。その力を伸ばしたほうがいい」
というゼミの先生の言葉で証券業界入りを決めました。

*数値が見えるので自分の立ち位置が明確に

おかげさまで社内の社長賞をいただけるまでになり、

あの選択は正しかったのだと感じています。
先生は、私の負けず嫌いな性格を見抜いていたんですね。

この仕事は成績が数値で見えるので

自分の立ち位置がわかりやすいし、がんばりがいもあります。

将来はマネージャーのような責任ある仕事にも就いてみたいです。
(文=十倉和美 写真=神谷美寛)

<