イーデザイン損害保険で働くリケジョに聞いてみました!


img1 イーデザイン損害保険で働くリケジョに聞いてみました!

img2 イーデザイン損害保険で働くリケジョに聞いてみました!

 

*損害保険会社は公共性が高いので経理処理も特殊です

「東京海上グループのイーデザイン損保♪」

というCMをご存知ですか?

私どもの会社は、お客様ご自身がインターネットやモバイルで

自分にあった自動車保険をデザインしていただけることを売りにしています。

金融業界の一部である損害保険会社は公共性が高いので、

特殊な経理処理があったりと特別な面があります。
日々の仕事は保険料や支払い保険金など各部署から集まってきた金額をとりまとめて、

会計システムで経理諸表をつくっていくこと。

お客様からいただく保険料の管理をすることも大切な仕事です。

*会社全体の経営状況が数字でわかるおもしろさ

大学時代は建築を専攻していました。

建物の構造計算や建ぺい率などで数字にかかわり、

高校時代も数学が比較的得意でしたが、

まさか自分が経理の仕事に就くとは思っていませんでした。
大学卒業後、親との約束で地元企業に就職。

いろいろな職務を経験する中で興味を惹かれたのが経理の仕事でした。

会社全体の今の経営状況が数字でわかるところに面白さを感じました。

*女性として働くということ

出産後、キャリアアップしたいというときに現在の会社とのご縁がありました。

現在、茨城県内から2時間かけて都内に通勤。

第2子を授かり子育てしながら仕事を続けています。
弊社のフレキシブルな勤務体系を活用して3ヵ月に1度の大きな決算時期はフルタイム勤務。

残りの2ヵ月は1時間短い時短勤務という働き方をしています。

働きやすい会社ですし、

まわりの理解のおかげで両立できています。

将来出産したときにキャリアが中断されることを

不安に感じていらっしゃる方もいると思います。
確かに大変な面もありますが、

母の顔と仕事の顔の両方を体験できるのは

女性の面白さです。

自分の強みがあれば、結婚、出産と転換期を迎えても長く働き続けられます。

(文=十倉和美 写真=神谷美寛)

<