チョウチンアンコウの歪んだ愛

  取材レポート2013.07.24

01  e1374650636577 チョウチンアンコウの歪んだ愛
(Tree of Life Web Project より引用)
今回お届けするのは、歪んだ愛
昼ドラのような世界です。
チョウチンアンコウの一種の、変わった生殖活動をご紹介します。

オスとメスで大きさが違う!

今回の主役は「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」。長い名前ですね・・・(汗)。全部で16文字。魚類の中で最も長い和名のようです。見た目は、なかなかの強面ですね。
分厚くてつんと上を向いたような唇。ざらざらしてそうな肌の荒れ具合。うーん、不気味です。ミツクリエナガチョウチンアンコウには、オスとメスの違いがはっきり分かる特徴があるんです。それは体長です。メスは40cm近くまで成長するのに対して、オスは4cm ほどまでしか大きくならないんです!

02 ankou チョウチンアンコウの歪んだ愛

出会いは奇跡!歪んだ愛の始まり

広大な深海の世界。同じ仲間の異性と出会う機会は、そうあることではありません。オスがメスを見かけたら、「このチャンスを逃すまい!」とメスの体をガブリ!鋭くかみ付いて離しません。そしてここから、歪んだ愛が始まります。オスの愛情が強すぎて、オスの 唇とメスの皮膚が融合。血管までもがつながり、栄養も共有するようになるんです!まさに「ひも」状態ですね!

03 ankou チョウチンアンコウの歪んだ愛

ひもになったオスの運命やいかに?

メスの体に寄り添い、ひもになってしまったオス。その後の運命はどうなってしまうのでしょうか?目はしだいに小さくなり、やがて消滅。内蔵すら退化してなくなってしまうんです!一方で、メスの卵巣が発達するにつれ、オスは精巣だけが異様に発達。オスは子孫
を残すためだけの存在になってしまいます。やがて子孫を残し終えると、オスはメスの体 内に吸収されてしまい、完全に同化してしまうんです!

04 ankou チョウチンアンコウの歪んだ愛

寄り付くオスは拒まない!逆ハーレム状態

オスは深い愛情とともに己の身を捧げるにもかかわらず、メスはめちゃめちゃドライ。 分を気に入ってかみ付いてくれたオスは、次々と受け入れます。やがて、メスの体には複数のオスがくっつきます。まさに逆ハーレム状態!ミツクリエナガチョウチンアンコウの世界では、一妻多夫制なんですね。

05 ankou チョウチンアンコウの歪んだ愛

ミツクリエナガチョウチンアンコウの、独特の雌雄の関係。いかがでしたか?私たちの身
近な恋愛とは、かけ離れた世界かもしれません。でも過酷な深海の世界では、確実に子ど
もを残すために、必要な方法だったのかもしれません。(福田大展)


<