『女性が活躍する会社 BEST100 2018』表彰式 総合1位はジョンソン・エンド・ジョンソンが受賞

  取材レポート2018.05.22

DSC03049 『女性が活躍する会社 BEST100 2018』表彰式 総合1位はジョンソン・エンド・ジョンソンが受賞

 

5月18日(金)、『女性が活躍する会社 BEST100 2018』上位企業表彰式が東京ミッドタウンで開催され、総合1位は、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループが受賞しました。

 

DSC03018 『女性が活躍する会社 BEST100 2018』表彰式 総合1位はジョンソン・エンド・ジョンソンが受賞

 
「女性が活躍する会社 BEST100」は、女性の活躍を応援する日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」と働く女性のための情報誌『日経WOMAN』が共同で、国内の有力企業4347社を対象に実施した「2018年 企業の女性活用度調査」に基づくランキングです。企業における女性活躍の実態を「1.管理職登用度」「2.女性活躍推進度」「3.ワークライフバランス度」「4.ダイバーシティ推進度」の4つの指標で測定し採点しています。主催者挨拶などに続き、4つの部門の1位になった企業が表彰されました。
 
「管理職登用度」部門はJTB、「ダイバーシティ推進度」部門は日本生命、「女性活躍推進度」部門は日立製作所と三井住友海上火災保険が同率1位、「ワークライフバランス度」部門は住友生命保険となり、それぞれ表彰を受けました。

 

DSC03037 『女性が活躍する会社 BEST100 2018』表彰式 総合1位はジョンソン・エンド・ジョンソンが受賞

来賓の野田聖子 総務大臣・女性活躍担当大臣・内閣特命担当大臣が祝辞を述べられました

 
 

また、この表彰式に先立ち、女性の活躍を推進することを目的とした、セミナーや講演・パネルディスカッションが開催されました。

 

「WOMAN EXPO TOKYO 2018 Specialセミナー」では、日建設計 本田孝子 設計部長が「組織設計事務所で設計をするということ~建築を志す若き女性たちへ~」といったテーマで基調講演を行いました。本田さんのキャリアパスをもとに、仕事と結婚・育児などプライベートのワークライフバランスなど、大変貴重なお話を聞くことができました。また、『建築の仕事は女性に向いているか』ということに対し、「今まで男性が中心だったからということで遠慮することはありません。育児や女性が働くことに関する社会インフラはどんどん進んでおり、未来は明るいと信じたい」と語りました。
 

DSC02834 『女性が活躍する会社 BEST100 2018』表彰式 総合1位はジョンソン・エンド・ジョンソンが受賞

 

 

「ウーマン・エグゼクティブ・カウンシル」では、女性役員登用を進める企業のトップ層の講演や女性役員によるパネルディスカッションが行われました。

 

DSC02870 『女性が活躍する会社 BEST100 2018』表彰式 総合1位はジョンソン・エンド・ジョンソンが受賞

 

以前『Rikejoマガジンvol.40』に登場いただいた内閣府男女共同参画局長 竹川恵子さんが来賓のご挨拶として登壇し、政府としても力を入れているさまざまな女性活躍推進の取り組みについて説明されました。

 
 


<